文鳥ポータル トップ | Twitterサイトマップ | 問い合わせ

文鳥に関する情報サイトです。


第009号 2012年02月23日


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■■■□□■■■□■■■□□■■■□□
□■□□■□□■□□■□□■□■□□■□
□■■■□□□■□□■□□■□■□□■□
□■□□■□□■□□■■■□□■□□■□
□■□□■□□■□□■□□■□■□□■□
□■■■□□■■■□■□□■□■■■□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 「文鳥メールマガジン」

           第009号 2012年02月23日
 
 〜 読者の皆様に文鳥をより知ってもらう為のメールマガジンです 〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第009号 メニュー

 ■ 挨拶

 ■ 鳥かご

 ■ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 挨拶

 新年明けましておめでとうございます!(遅)

 年が明けて最初のメルマガが2月の下旬になってしまいました!メルマガ

 を廃刊する気はありません。読者が1人でもいれば続けます!

 わたくしごとではありますが、1月末から引越し作業をしておりまして、

 メルマガを書く時間がありませんでした。引越し作業に必要なものをホー

 ムセンターへ買出しに行ったのですが、ついついペットショップコーナー

 に立ち寄ってしまいます。もちろんお目当ては文鳥さんです。

  自分の飼っていない文鳥は、これまた可愛いものです。いつも行ってい

 る館林市(群馬県)に、VIVAホームがあるのですが、ここには頬黒文鳥が

 います。名前の通り、顔が真っ黒です。桜文鳥の白いほっぺを黒くしただ

 けの子ですが・・・この子をはじめて見たときからすでに2年がたちまし

 た。月日が流れるのは早いものです。いつか買ってあげたいところですが

 うちには既に文鳥が6羽いるのでこれ以上増やせません(汗)

  お目当ての文鳥を見て、帰ろうとしたら、白のインコが目に入りました。

 いやー可愛かったですね。。。でもこれ以上飼えないのが痛いところです。

 また時間があれば見に来たいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 鳥かご

  文鳥を飼育するうえで、一番重要なものと言えば、鳥カゴです。カゴの

 種類や大きさはまちまちです。どのような鳥かごが最適なのでしょうか。

  まず大きさです。鳥は飛ぶ動物です。せまいところでは飛ぶことはでき

 ません。鳥かごの中で、ちょっと羽をばたつかせ軽い飛行程度ができれば

 充分です。大きければ大きいことにこしたことはありません。あえてメリ

 ット・デメリットをあげるのであれば、大きければ部屋を圧迫しがちにな

 り、持ち運びが大変です。冬には寒くなるので保温器をいれますが大きい

 カゴだと、20Wのひよこ電球程度の保温器では暖めるのは難しいです。

 小さいカゴだと、つぼ巣や遊び道具(ブランコなど)を入れればカゴの中

 は満杯になり、鳥はストレスをかかえます。大きすぎず小さすぎずのサイ

 ズがよいでしょう。1カゴ1羽ならば、40×40×40cmがベストで

 はないでしょうか。3000〜4000円で購入できます。


  カゴの種類ですが、木製と金属製が大半ですが、洗いやすい・長持ちし

 やすいという観点から、金属製のカゴが良いでしょう。木製も金属製も価

 格は同じくらいです。ホームセンターなどでは金属製のカゴが多く売られ

 ています。


  最後にカゴの形です。丸型や真四角があります。ぶら下げるタイプのカ

 ゴもあります。飼育のしやすさを考えると、ぶら下げるタイプは不向きか

 と思います。回りにエサや羽が飛び散ります。部屋のどこにいても鳥を見

 ることはできるメリットはありますが、やはり長期的に見ると棚や机の上

 などで置くタイプが良いでしょう。鳥かごをいくつも設置する予定があれ

 ば真四角のタイプが良いです。カゴとカゴの間に無駄なスペースを作らな

 いためです。市販で売られているカゴは四角いタイプがほとんどなので付

 属のエサ箱や、水のみ場などは、四角のカゴ用に作られたものが多く、丸

 型のカゴだと、付属品を別途購入した場合、うまく設置できないことが多

 いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ 編集後記

  いやー寒いですね。毎日毎日寒いと文鳥が心配です。朝起きて文鳥のカ

 ゴを確認します。はい…生存確認というやつです(;;)

  一昨年の冬に1羽の文鳥を失ってから、冬の朝は毎日ビクビクですよ。

 亡くなった子のカゴは散っちゃかったので、寒くて狭くて辛かったのかな

 ぁ〜なんて思ってしまいます。

  今年は鳥専用の棚を作り、保温につとめています。だいたい15〜20

 ℃はあります。まぁそれでも心配なのです。


  読者さんの文鳥も、しっかり保温し、冬を乗り越えてくださいね!少し

 でも体調を崩すと少し冷えただけで命を落とすこともありますから…。



  最後にいつもいつも文章だけのメルマガですみません。

 もっと楽しいことや、役に立つ情報を書きたいのですが、なんせ…文鳥と

 変わらない知能指数なので…いや文鳥の方が…

 
   ・・・ ではまた次回!!

  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 「文鳥メールマガジン」

 発 行 者   : 文鳥ポータル@両毛トレード

 ウェブサイト(新): http://bunchou.biz

 動画(Youtube)  : http://www.youtube.com/user/tomo116049

 メールアドレス : bird@bunchou.biz

 ご意見ご感想があればお気軽にお問い合わせください。
 ・・・「○○について詳しく知りたい!」「□□の情報があると嬉しい」等

 登 録・解 除 : http://www.mag2.com/m/0001326171.html







SNSアイコン 記事が気になったら、クリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップで文鳥グッズを見つけてみよう♪

文鳥雑貨を楽天市場で検索

文鳥雑貨をAmazonで検索