文鳥ポータル トップ | Twitterサイトマップ | 問い合わせ

文鳥に関する情報サイトです。


エサの種類とエサ代

 文鳥に与えるエサは、どのようなものが良いのか?どれくらいエサ代がかかるのか?エサはどこで買うのか?この記事ではエサに関する情報を記載します。

(注意)この記事は、文鳥が自分でエサを食べることができることを前提に書かれた記事です。産まれたばかりのヒナ文鳥は、食べるえさが異なります。

文鳥のエサの種類(主食)

 文鳥が食べるものは、基本的に人間と同じです。メインで食べるのは、ホームセンターなどのペットフードコーナーに大抵の場合置いてある『EXCEL文鳥(600g)』という緑色のパッケージに入っている皮付のエサを好んで食べます。

文鳥主食

このエサは比較的ポピュラーでホームセンターで良く売っています。栄養バランスのとれた1番お勧めできるエサです。価格は、360〜398円くらいです。

下記リンクをクリックすると、当記事で紹介した『エクセルの主食のエサ』の楽天市場での検索結果一覧が出てきます。ネットで安く購入してみませんか!?
* 文鳥のエサ(主食)エクセル 600g

文鳥のエサの種類(副食)

 文鳥も人間と同様、主食以外に、副食にあたる食べ物があります。野菜、カルシウムです。野菜に含まれる栄養分を粉末状にし食べやすくしたものです。主食の消化を助ける効果もあり、必ず食べさせる必要があります。価格は200円前後です。
文鳥の副食 野菜


カルシウムの補給に最適なエサです。価格は200円前後です。
文鳥の副食 カルシウム


上記のエサと同様にカルシウムの補給を助けるエサです。ボレー粉タイプです。価格は150円前後です。
文鳥の副食 カルシウム(ボレー粉)


ヒエです。文鳥が好んで食べるエサの1つです。
文鳥の副食 ヒエ


 上記にあげたエサは、当サイトの管理人が必ずストックし文鳥に与えているエサです。他にもお勧めのエサはお店に売っていますので必ずしも当サイトで紹介しているエサを買い集める必要はありません。

エサの配分

 文鳥のエサ箱に、主食と副食を混ぜます。主食用と副食用のエサ箱を分ける必要はありません。配分は、だいたいで構いません。エサ箱に、(上記で紹介したエサを)

 主食のエサ 5割

 野菜ペレット 1割弱

 カルシウムペレット 1割弱

 カルシウムボレー粉 少量

 ヒエ 2割

の比率で与えてあげると、バランスの良い配分になります。エサ箱を左右に振り続けると食べ終わった殻のエサが上に出てくるので息をふーっと吹きかけ、食べ終わったのは捨て、食べた分補充しましょう。古くなったエサは捨てます。そうすると、上記配分で、1羽の文鳥で、2ヶ月で1袋ずつ消化します。飼育する文鳥が多ければ多いほど、エサ代はかかります。

文鳥のエサ(その他)

 市販のエサ以外に、果物や野菜を与えるとよりよい栄養補給となります。果物では、りんごにみかん、野菜ではキャベツにレタスなどを好んで食べます。当サイトで飼育している文鳥は、パセリが好物です。


SNSアイコン 記事が気になったら、クリック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップで文鳥グッズを見つけてみよう♪

文鳥雑貨を楽天市場で検索

文鳥雑貨をAmazonで検索